• リノベーションまちづくり&SDGs事業を推進しています
Pocket

●魚町銀天街の沿革
昭和26年(1951年)魚町二丁目アーケード完成、魚町銀天街と命名
昭和27年(1952年)魚町大火 かねやす百貨店被災
昭和28年(1953年)北九州地方で豪雨大水害
昭和31年(1956年)魚町三丁目アーケード完成
昭和33年(1958年)小倉駅が現在地に移転
昭和34年(1959年)小倉城再建
昭和38年(1963年)北九州市誕生、銀青会発足
昭和45年(1970年)魚町商店街振興組合設立
昭和50年(1975年)新幹線開業
昭和55年(1980年)西鉄北方線路面電車廃止
昭和60年(1985年)北九州都市モノレール開業
昭和63年(1988年)わっしょい百万夏まつり開催
平成 2年(1990年)魚町銀天街ちびっこ(現:子ども)絵画コンクール開始
平成 4年(1992年)西鉄砂津~黒崎線路面電車廃止
平成 5年(1993年)小倉そごう開店/ラフォーレ原宿小倉開店
平成10年(1998年)小倉駅新駅ビル完成
平成12年(2000年)魚町トイレ完成/小倉そごう閉店
平成13年(2001年)小倉食市食座スタート
平成14年(2002年)魚町銀天街カラー舗装改修/小倉玉屋閉店
平成15年(2003年)リバーウォーク北九州開店
平成16年(2004年)小倉伊勢丹小倉伊勢丹開店
平成18年(2006年)新北九州空港開港
平成20年(2008年)小倉伊勢丹閉店/COLET井筒屋開店
平成22年(2010年)魚町エコルール完成/UOCA、魚町ビジョンスタート
平成23年(2011年)リノベーションスクール@北九州スタート
平成25年(2013年)中小企業庁 がんばる商店街30選受賞
平成30年(2018年)SDGs商店街宣言
平成30年(2019年)第1回SDGsクリエイティブアワードゴールド賞受賞
平成31年(2019年)COLET井筒屋閉店/第3回ジャパンSDGsアワード受賞
令和 元年(2019年)中小企業庁 はばたく商店街30選受賞
令和 2年(2020年)2019北九州SDGs未来都市アワードESD賞受賞

●魚町銀天街とは

魚町銀天街は、魚町一丁目と魚町二・三丁目の商店街から成り立っています。
 その間の勝山通り(旧電車通り)にあるのが、平成22年3月に完成した魚町エコルーフです。
 昭和26年10月に日本で最初に公道上にアーケードを作ったのが、魚町商店街です。
 アーケードの名称を公募して、全国から4000通を超える応募があり、銀天街と名づけられました。全国にある銀天街の発祥の地となっています。
 それを記念して魚町エコルーフのたもとに銀天街発祥の碑があります。
 旦過市場の新旦過の奥に稲荷神社があります。その対面のお宅に般若のお面が飾ってあります。
 これは、稲荷神社から出るフォースで対面のお宅のおばあさんが寝られないかたったそうですが、般若のお面を飾ることで、そのフォースをブロックすることができ、寝れるようになったそうです。
 魚町三丁目の旧かねやす百貨店の屋上に防空監視哨があります。戦時中は、このビルが一番高かったそうでここからB29の襲来を監視していたそうです。
 1952年11月30日、旧かねやす百貨店では、後に「魚町大火」と呼ばれる火事が発生しました。魚町商店街の店舗22軒が全焼、2軒が半焼し、合計で戸が被災したそうです。
 なお、ちなみに火事の第一発見者は、はす向かいの中屋商店で受験勉強していた私の父です。